スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漫画1

 『外れたみんなの頭のネジ』という漫画を読んだ。GANMAという漫画アプリで100話以上無料で配信しているのを土曜の午前中に全て読んでしまった。内容は、色んな種類の狂ってしまった人々のエピソードを、主人公の実体験として、または他人が語り部となって紹介していくというもの。話の内容も絵の上手さも5段階中2程度の評価が妥当だと思うのだけれど、絵の気持ち悪さはトップレベルであり、それが狂った人の描写を惹き立てていて、読んでいるうちに癖になってしまう魅力がある。この漫画を読んでから外に出て街行く人を見てみると、みんな狂っているように見えてくるから面白い。自分も狂っているのではないかという錯覚の入り口に踏み込んでしまいそうになるから面白い。まあでも読むのはあまりおすすめしない。
スポンサーサイト

発達障害について

 『発達障害の僕が「食える人」に変わったすごい仕事術』を読了。
 著者に比べれば、自分の発達障害と思しき行状はかなり軽度であるし、もしかしたら単なるおっちょこちょいで済ませられるレベルなのかもしれないという認識を得ることができた。
 正常に発達できている人に比べて、注意力が劣っていることと、衝動性を抑えるのが苦手なのだということを念頭に置いて、気を付けて仕事をしていきたい。

発達障害

『発達障害の僕が「食える人」に変わったすごい仕事術』を今読んでいる。

なるほど、俺はきっと軽度の発達障害(ADHD)なんだな。
仕事がうまくいかないのは、これが原因なんだろう。
自分の不手際を病気のせいにするのは好きではないのだが、あまりにも当てはまるため、認めた方がいいのかもしれない。何がいいって、今後の対策が立てやすいから。

ADHDを要素に分解すると、注意欠陥と多動性と衝動性の3つになると考える。
俺は診断がつく人ほどのレベルではないけれど、注意欠陥により日常生活や仕事で多少苦労して落ち込むことがあるし、多動性により勉強がなかなかうまくいかないことがあるし、衝動性により仕事でとんでもないミスをやらかしてしまうことがあるから、この概念が凄いしっくりくる。この本は頑張って最後まで読もうと思う。
プロフィール

uiromerchant

Author:uiromerchant
Nineと申します。27歳サラリーマン。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
リンク
このブログをリンクに追加する
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。